開店祝い・開業祝いのマナー

開店・開業は、誰にとっても人生の中における、一つの大きな節目となります。身近な人が独立開業する際には、特別なギフトを用意して、「おめでとう」の気持ちを伝えたいものです。

開店祝いや開業祝いは、友人だけではなく、会社関係の取引先などに対して贈る機会もあるでしょう。そこで、きちんとしたマナーに則って、お祝いの気持ちを伝えることが大切です。

とはいえ、これまであまり贈ったことがない!という方にとって、開店祝いや開業祝いのマナーの詳細は気になるところ。今回は、知っておくべきマナーの基本情報やポイントを紹介します。

開店祝い・開業祝いを贈る時期について

開店祝い・開業祝いを贈る時期について

まずは、開店祝いや開業祝いを贈る時期についてです。開店・開業の直前や直後は、お店の人もバタバタしがちです。せっかくギフトを贈るのですから、ある程度余裕を持って贈ることで気持ち良く受け取っていただきたいものです。

そのためのベストのタイミングは、開店・開業の1週間前から、遅くても前日までが良いでしょう。記念すべき開店・開業の初日に間に合うよう、確実に手配しておきましょう。

自分自身で持っていくのではなく、宅配便などで配送することを考えている場合は、特に注意が必要となります。直前になって慌てないためにも、できるだけ早めに手配しておきましょう。

開店・開業を後から知った場合の対処法

相手によっては、開店や開業というおめでたいシーンを、「実際に会社やお店がスタートしてから知る」ということも少なくありません。このような場合には、開店祝いや開業祝いをどう贈るべきなのでしょうか。

もし、開店・開業から1カ月程度であれば、そのまま贈っても大丈夫です。持参して、直接相手にお祝いの言葉を伝えながらギフトを手渡すのも良いでしょう。配送してもらう場合には、一言メッセージを添えておくと丁寧な印象になります。

1カ月以上過ぎ、完全にタイミングを逸してしまったときには、次の機会を待つのが良いでしょう。時期外れにギフトを贈っても、相手を困惑させてしまう可能性があります。「1周年」など、次のおめでたい場面に合わせることで、お祝いの気持ちをスマートに伝えることができます。

お花を贈る場合だけは例外

開店祝いや開業祝いにおいて、人気の品物といえば「生花」です。この「生花」を贈る場合だけは、贈るタイミングが少し変わりますから、注意が必要です。

開店祝いや開業祝いのお花は、開店・開業当日に飾っておくケースも多いもの。事前に配送してしまうと、もっとも美しい瞬間を逃してしまうことがあります。開店・開業の当日、午前中を指定して届くように手配しましょう。

開店・開業の当日は、スタッフにとってもバタバタするタイミングです。あらかじめ「お花を贈りたい」旨を伝えて、配送や受け取りのタイミングについても相談しておくのがオススメです。

気になるギフトの内容と相場は?

気になるギフトの内容と相場は?

では次に、気になるギフトの内容について紹介します。開店祝いや開業祝いの品として、人気が高いのは以下の3つです。ぜひ参考にしてみてください。

生花

もっとも人気が高いのは、先ほども紹介した「生花」です。華やかでおめでたい雰囲気を演出してくれる贈り物として、昔から人気を集めています。

中でも特に人気が高いのは、「胡蝶蘭」です。高級なお花としても知られていて、開店祝い・開業祝いの定番品と言っても良いでしょう。

胡蝶蘭以外でも、大きさや予算に合わせて生花を選ぶことは可能ですが、開店祝いに「火事」を連想させる贈り物はタブーとされています。

花束の場合「赤一色」を選択してしまうと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性もありますから、注意してください。

このほかにも、香りが強いものや花粉が落ちるものは、「せっかくもらったけれど、困ってしまう」ということも予想されます。避けた方が無難でしょう。

カタログギフト

花ではなく、より実用的なアイテムをギフトとして贈りたい!と思う方に、人気が高いのがカタログギフトです。カタログギフトであれば、相手にとって本当に必要な物を選んでもらい、贈ることができます。

カタログギフトの良いところは、細かな予算設定にも応じられることです。また贈る側・贈られる側双方の負担を軽減できる点も、メリットの一つだと言えるでしょう。

近年では、開店祝いや開業祝いの品として、カタログギフトを選択する方も非常に多くなってきています。カタログギフトにもさまざまな種類が存在していますから、ピッタリのものを選択するのがオススメです。

各種インテリア雑貨

開店や開業は、新たな場所で新たなスタートを切る絶好の機会でもあります。「より良い環境で事業がうまくいくよう、応援したい!」という気持ちを込め、お店や会社に飾って使えるインテリア雑貨を選ぶ方も少なくありません。

  • ・花瓶
  • ・置物
  • ・絵画

これらのアイテムは特に人気です。もし相手の好みがわかっているのであれば、積極的に選んでみるのもオススメです。きっと喜ばれることでしょう。

気になる予算について

どんな贈り物を選ぶ場合でも、気になるのがその予算についてです。開店祝いや開業祝いは、とにかく高ければ良いというものではありません。相手に気を遣わせないためにも、程よい予算を意識して選ぶことが大切です。

開店祝いや開業祝いの具体的な金額は、相手との関係性によって決めるのがオススメです。以下はその目安となります。

  • ・一般的な取引先   10,000円~30,000円
  • ・重要な取引先    30,000円~50,000円
  • ・親しい友人     10,000円
  • ・知人        5,000円
  • ・身内        10,000円~30,000円

これらの相場を意識しながらギフト選びをすることが、マナーを守ることにもつながります。

メッセージは贈るべき?

メッセージは贈るべき?

開店祝いや開業祝いのマナーについて、気になりやすいのが「メッセージ」についてです。ギフトを贈る際には、やはりメッセージを付けた方が丁寧な印象になります。

メッセージで伝えたいのは、お祝いや応援の気持ちです。「ご開業おめでとうございます」や「これからも全力でサポートさせていただきます」、「お店の繁盛をお祈り申し上げます」など、心のこもったメッセージを一緒に贈ることで、より一層気持ちが伝わることでしょう。

メッセージそのものは、シンプルなものでも構いません。「何を書こう」と気構える必要はありませんから、ぜひ実践してみてください。文章の終わりに、日付を入れると、より丁寧な印象になります。

開業・開店祝いで避けるべき忌み言葉

開業祝いや開店祝いのメッセージでは、以下の言葉を使わないよう注意しましょう。相手に不快な思いをさせてしまいます。

  • ・失う
  • ・閉じる
  • ・落ちる
  • ・燃える
  • ・流れる
  • ・飛ぶ
  • ・傾く

日常的に使う機会も多い言葉も含まれていますが、これから新たな環境の中で、全力で頑張っていこう!と思っている方にとっては、縁起の悪い言葉となってしまいます。せっかく開店・開業のお祝いを贈っても、その気持ちが逆効果になってしまう可能性もあるでしょう。

メッセージは心を込めて、そしてマナーに則った形で作成するのがベストです。

開店祝いや開業祝いは、マナーを守って贈ることが最優先

開店祝いや開業祝いは、取引先の人などに贈る機会も多いものです。また贈られる側にとっては、自分の人生の節目にいただくギフトとなります。心に残りやすいものですから、マナーに則った形で、失礼がないよう十分に注意することが大切です。

開店祝いや開業祝いについては、「何を贈れば喜んでもらえるのか」と、特に悩みやすいギフトでもあります。相手との関係が近しい場合には、「何が欲しいのか直接聞いてみる」というのも良いでしょう。何かと物入りな時期ですから、きっと喜ばれることでしょう。

一方で、「相手に直接聞くことはできないが、何を贈れば良いのかわからない」という場合に、便利に使えるのがカタログギフトです。カタログギフトであれば、贈られた側が自由に品物を選ぶことができます。不必要な物を贈られて負担を感じることもありませんし、本当の意味で喜ばれる開店祝い・開業祝いになるでしょう。

「どうすれば良いの?」と悩んだときには、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてください。