還暦祝いを贈る際に気をつけたいこと

還暦祝いは、満60歳のタイミングで行う長寿祝いです。これまでの感謝と共に、これからの健康を祈って行うお祝いの儀式となります。

少し前までは「赤いちゃんちゃんこ」で知られた還暦祝いですが、現在の「60歳」と言えばまだまだ現役で働く方も多く、若々しさをキープしている方も少なくありません。今後のお付き合いのことも考えて、失礼のないようマナーを守ってお祝いしたいところです。

では還暦祝いの際には、どのような点に注意するべきなのでしょうか。贈るべき時期や贈り物の内容などのマナーと共に、迷ったときにオススメのギフトについて紹介します。

贈るのに最適なタイミングは?

贈るのに最適なタイミングは?

還暦祝いを「60歳」で行う理由は、干支にあります。毎年何気なくチェックしている干支ですが、実は12の動物と、「木・火・土・金・水」の五行の組み合わせで、60種類が存在しています。60歳を迎えるということは、この干支がぐるりと一周することを指します。「暦が周って還る」という意味で、「還暦」と言われているのですね。

還暦祝いは、長寿のお祝いの中で最初にやってくるものです。ほかのお祝いでは「数え年」を使うことが多いのですが、還暦だけは「実年齢」で行われます。

よって、還暦祝いを行うタイミングとして最適なのは、本人の「60歳の誕生日」と言えるでしょう。

60歳の誕生日に、還暦祝いを兼ねてパーティーを行うのであれば、お祝いのギフトを贈るのは、そのタイミングがベストです。また60歳で退職する方の場合、還暦祝いと退職祝いを一緒に行うケースも少なくありません。人生の節目となるお祝い事ですから、時期を外さないよう注意しましょう。

誕生日以外に、みんなが集まる機会がある場合

還暦祝いは行いたいけれど、本人の誕生日にみんなが集まることが難しいというケースもあるでしょう。この場合、誕生日以外に還暦祝いの日取りを設けることになります。

還暦祝いにおいては「この日に絶対やらなければならない」というものではありません。お祝いをされる側にとっても、みんなにとって都合が良い日を選び、温かいムードの中で和やかな時間を過ごした方が、良い思い出につながるでしょう。

還暦を迎える人、そしてそれをお祝いする人にとって、都合の良い日を選んでみてください。

ただし、あまりにも日程が離れすぎると「還暦祝い」という趣旨から外れてしまうことも……。またせっかく贈り物をしても、還暦祝いとして認識してもらえない可能性もあります。還暦祝いをどのように扱うのか、周囲の人が連携して、よく相談しておくことが大切です。

贈り物の選び方

贈り物の選び方

還暦祝いで悩みがちなのが、「いったいどのようなギフトを選べば、喜んでもらえるのか」という点についてです。自分自身と同世代ならともかく、還暦祝いを渡す相手が「自分の父親よりも上の世代」というケースも少なくありません。

まずは、贈り物選びのマナーを守り、相手を不快にさせてしまう可能性がある品物から排除していきましょう。

還暦祝いで避けるべきギフトは?

還暦は、ここまで年を重ねてこられたことを祝うと共に、今後ますます活躍されることを祈るためのお祝いとなります。このような席でタブーとされているのは、「老い」や「死」、「苦」などのキーワードです。

また当然、目上の人への配慮が欠けたギフトも避けるべきでしょう。

具体的には、以下のようなギフトはNGとなります。

  • ・白いハンカチ
  • ・お茶
  • ・花(ツバキや菊、シクラメンなど)
  • ・クシ
  • ・時計
  • ・履物
  • ・老眼鏡
  • ・杖

白いハンカチやお茶などは、お葬式をイメージさせてしまうもの。還暦祝いの趣旨から外れてしまいますから、避けた方が無難です。

また還暦祝いに花を贈るのはオススメですが、その内容に注意する必要があります。花がそのまま落ちてしまうツバキや、お葬式の定番である菊、語呂合わせで「死」や「苦」をイメージさせるシクラメンは避けてください。また生花だとすぐに枯れてしまうからという理由で、あえてプリザーブドフラワーのアレンジメントを選択する方も増えてきています。

時計や履物は目上の人に対して贈るのが、失礼な品物です。老眼鏡や杖は、便利な品物である一方、「老い」を意識せざるを得ないアイテムでもあります。本人から希望されない限りは、避けた方が無難です。

赤いちゃんちゃんこは?

還暦といえば、赤いちゃんちゃんこと頭巾でお祝いする姿が一般的でした。しかし近年の「60歳」は、まだまだ若い世代です。いかにも「シニア」といった扱い方を嫌う方もいるので、注意が必要です。

赤いちゃんちゃんこや頭巾は、非常に目立つもの。いくら「習わし」であっても、嫌がる相手に無理にプレゼントし、着せるのはオススメできません。

贈るのがNGというわけではありませんが、還暦祝いの目的を考えると、主役の意向を重視するのがベストです。従来のスタイルにこだわらず、自分たちらしさを意識してみてください。

還暦祝いの予算の相場について

還暦祝いのギフトの相場は、相手と自分の関係性によっても変わってきます。以下を参考にしてみてください。

  • 父母……10,000円~50,000円
  • 兄弟姉妹……5,000円~20,000円
  • 親戚……5,000円~20,000円
  • 友人・知人・上司……5,000円~10,000円

還暦祝いは、高ければ高いほど良いというわけではありません。会社の上司に対してあまりにも高額なギフトを贈ってしまうと、かえって失礼になるようなケースもあります。

相手との関係性を見極め、また周囲とのバランスも意識した上で予算を決定するのがオススメです。

相手の趣味・嗜好に合わせて選ぼう

相場金額とNGギフトについて把握したら、あとは相手の好みに合わせて喜ばれる品物を選ぶと良いでしょう。60歳からは、仕事が一段落して、第二の人生をスタートさせる方も少なくありません。

趣味やこれから挑戦したいと思っていることに関するギフトを選んでも、喜ばれることでしょう。

還暦祝いには体験型カタログギフトがオススメ!

還暦祝いには体験型カタログギフトがオススメ!

還暦祝いは、相手の趣味・嗜好に合わせて選ぶのがベストですが「それがわからないからこそ悩んでしまう」というケースもあるのではないでしょうか。このような場合に、便利に使えるのがカタログギフトです。

カタログギフトは、カタログに掲載されているアイテムの中から、自分自身で欲しいものを選ぶことができます。贈る側にとっても贈られる側にとっても、余計なストレスがかからないという特徴があります。

還暦祝いの際には、カタログギフトの中でも「体験型カタログギフト」と呼ばれるものがオススメです。通常であれば、カタログには「商品」が掲載されていますが、体験型カタログギフトに掲載されているのは、ずばり「体験」です。

一流ホテルでのディナーチケットや温泉宿泊券のほか、ジムやヨガの体験チケットや趣味関連教室のインビテーションなど、さまざまな「体験」が詰まったスペシャルなギフトとなっています。

時間がないときには「せっかくもらっても出かけられない」ということになりがちですが、60歳を迎えたあとであれば、時間に余裕が生まれるケースも多いことでしょう。体験型カタログギフトをきっかけにして、第二の華やかな人生がスタートする……なんてことも、十分に考えられます。

体験型カタログギフトは、「60歳を迎えたものの、まだこれから先のビジョンがはっきりとしていない」という方にも喜ばれるギフトです。普段はできないような特別な体験を、大切な相手に贈れます。

「ありがとう」と「これからもよろしく」の気持ちを込めて

還暦祝いは、これまでの感謝を伝えると共に、これから先もどうぞよろしくお願いしますという気持ちを伝える、絶好の機会です。心を込めた贈り物で、特別な思い出を作ってもらいましょう。

相手の趣味や好きなことがわかっていれば、還暦祝いのギフト選びで苦労することはありません。マナー違反になるアイテムだけは避けて、自由に選ぶのがオススメです。

しかし人生の節目となるタイミングだからこそ、まだ本人でさえ「やりたいことが見つかっていない」ということも、十分に考えられます。このような場合には、体験型カタログギフトで、これから先の「楽しみ」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。