七五三のお祝いのマナー

大切な子どもの、健やかな成長を祈って行われるのが七五三です。多少の地域差はあるものの、3歳と5歳の男の子、および3歳と7歳の女の子をお祝いするのが一般的なスタイルとなっています。

子どもたちが無事に大きく成長してくれたことを祝う儀式において、やはり欠かせないのが贈り物ですよね。

とはいえ具体的にどのようなものをどの時期に贈れば良いのか、悩む方も多いことでしょう。七五三のお祝いを贈る際の、マナーについて紹介していきます。

七五三とは、具体的にどのようなお祝いなの?

七五三とは、具体的にどのようなお祝いなの?

知人や親せきの子どもが七五三を迎えたときには、「何かお祝いの品を贈りたい!」と思う方も多いことでしょう。子どもたちの健やかな成長を祝う絶好の機会ですから、素直な気持ちでお祝いを用意することで、相手方からもきっと喜ばれるはずです。

七五三のお祝いを贈る際には、まず七五三のお祝いの意味について把握しておきましょう。基本的なマナーを身につけることは、気持ちよくお祝いを贈るためにも重要なポイントとなります。

一般的には「七五三」と、ひとくくりにして扱うケースが多いですが、3歳・5歳・7歳では、それぞれでお祝いする意味が異なっています。

昔の宮中や公家、武家においては、3歳を迎えると髪を伸ばし始めていました。この節目の時期を迎えられたことをお祝いするのが、3歳のときのお祝いの目的です。このため3歳のお祝いは、「髪置の祝い」とも呼ばれています。

5歳のお祝いは男の子のみが行うのが一般的ですが、これは男の子が、初めて袴を身につける節目だからです。この5歳のお祝いは、「袴着の祝い」と言われています。洋装が一般的な現代においても、七五三では和服を身につけさせるご家庭も多いものです。男の子が袴を身につけるのは、この伝統にのっとっているからこそだと言えるでしょう。

7歳のお祝いは、女の子が初めて大人と同じ帯を結ぶお祝いで「帯解の祝い」と言います。3歳のときの和装姿とは一味違う、大人っぽい和服姿に、感動する方も多いはずです。

もともとはそれぞれ違うお祝いだったのですが、大正時代に入り、「子どもの成長を祝う機会」として一つにまとめられたと言われています。10月中旬から11月15日までが七五三シーズンで、お祝いについて考える方も増えるはずです。なるべくこの時期に渡すことができるよう、忘れずに用意してください。

七五三の基本的なルールを知っておけば、お祝いをあげたい子どもの性別によって、タイミングで悩んでしまうようなことはありません。男の子なのか女の子なのかを確かめた上で、お祝いを贈るべき年齢を見極めましょう。

七五三のお祝いの内容と相場について

七五三のお祝いの内容と相場について 子どものためのお祝いである七五三においては、「いったいどんなギフトを選択すれば良いのだろうか」と悩む方も少なくありません。人気のギフトの内容は、以下のとおりです。
  • ・現金
  • ・晴れ着
  • ・小物
  • ・カタログギフト
  • ・体験ギフト

現代の七五三のお祝いで、もっとも選ばれているのが「現金」です。多少味気ない雰囲気はあるものの、子どもの七五三には衣装代や撮影代など、さまざまなコストがかかってくるもの。子どもの両親にとっても、ありがたく受け取ることができるという特徴があります。

現金を贈る際に気になるのが「いったいいくらぐらい包めば良いの?」という点ですが、相手との関係性によって金額を調整するのがオススメです。それぞれの目安相場は以下のとおりです。

  • ・甥っ子や姪っ子などの親戚……5,000円~10,000円
  • ・孫……10,000円~30,000円
  • ・友人・知人の子ども……3,000円~5,000円

相手との関係性がそれほど深くないにもかかわらず、大きな金額を包み過ぎると、相手を恐縮させてしまいます。気持ち良く贈り物ができるよう、相場を意識しながら金額を決定しましょう。

現代の定番が現金なら、一昔前までの定番と言えば「晴れ着」でした。七五三のお祝いには欠かせない衣装であり、喜ばれるケースも多かったものです。

とはいえ現代では、「和装を購入しても活用できないから、レンタルで十分」と考えるご家族も増えてきています。晴れ着にこだわって贈り物をするのであれば、贈り先の都合や気持ちについて、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

「和装は好みもあって難しい……」という場合には、七五三のお祝いで使えるような小物を用意するのもオススメです。ヘアアクセサリーや靴などは、特に人気のギフトとなっていますが、こちらについても事前のチェックが不可欠となります。ただし現金とは違って、「物として残る」ことになりますから、七五三の良い思い出になってくれるはずです。

カタログギフトや体験ギフトは、「現金では味気ないけれど、子どもにとって良いものを選ぶのが難しい!」という方を中心に、人気を集めてきています。相手にとって必要なもの、欲しいものを選択して、もらうことができますから、双方の負担も軽減できることでしょう。

近年のカタログギフトは、価格設定も細かく行えるものがほとんどですし、扱うテーマを絞り込んだ個性的なアイテムも人気を集めています。こうしたカタログギフトを選択することで、本当に喜んでもらえる贈り物を実践できるのではないでしょうか。

七五三のお祝いのマナー、覚えておくべきポイント3つ

七五三のお祝いのマナー、覚えておくべきポイント3つ

最後に紹介するのは、七五三のお祝いを贈る際に、覚えておきたいマナーについてです。少し細かいポイントにはなりますが、きちんと頭に入れておきましょう。

熨斗の書き方について

七五三でプレゼントを用意する場合には、現金であってもそれ以外であっても、熨斗を付ける必要があります。表書きに悩んだときには、以下の情報を参考にしてみてください。

  • ・3歳……賀御髪置/御髪置御祝
  • ・5歳……賀御袴着/御袴着御祝
  • ・7歳……賀御帯解/御帯解御祝

「難しくてよくわからない!」と思う場合には、全年齢共通で使える「七五三御祝」、もしくは「祝七五三」を選択するのがオススメです。間違えないよう注意しましょう。

子ども向けのおもちゃについて

七五三は子どもの成長を祝う機会だからこそ、「子どもに喜ばれるギフトをあげたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。幼い子どもに喜ばれるギフトといえば、おもちゃや絵本、ゲームなどが挙げられます。

とはいえ、子どもとおもちゃ・ゲーム類との距離感は、家庭ごとに異なるものです。家庭ごとのルールや雰囲気を無視してプレゼントをしてしまうと、気持ちよく受け取ってもらえない可能性があります。

トラブルを避けるためには、事前にどのような物が良いのか、親御さんを通じてリクエストを聞いておくのがオススメです。少し手間はかかりますが、確実に喜んでもらえるはずです。

お祝いをいただいた場合のお返しについて

最後は、自分自身の子どもがお祝いを頂いた場合の、お返しについてのマナーです。子どものお祝いについては「お返し不要」とするケースも多いですが、半額程度を「内祝い」とするケースもあります。

周囲の雰囲気を確認しながら、どのようにお返しをするのかを決定しましょう。お菓子やお赤飯なども、内祝いの品として人気が高いです。可能であれば、内祝いを持って直接挨拶に伺うことで、より丁寧な印象になります。

まとめ

七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う特別な儀式です。普段は見慣れない和装姿を楽しむケースも多く、誕生日とは一味違う雰囲気の中で、子どもの成長を実感できることでしょう。

子どもにとってもご両親にとっても特別なイベントだからこそ、お祝いを贈る際にはマナーを守って行うことがとても重要です。贈る時期や贈る品物、そして具体的な相場についても確認しながら、気持ち良くお祝いを伝えられるよう、意識してみてください。

七五三のお祝いは、家族や地域によって、異なるポイントも多いものです。それらについてもできる限り確認した上で、贈り物をきちんと用意しましょう。子どもの成長を気持ちよくお祝いできるよう、さまざまな点に配慮しながらギフト選びを実践するのがオススメです。