お中元にカタログギフトが最適な理由とは

お中元にカタログギフトが最適な理由とは

日頃の感謝の気持ちと下半期の健康祈願を込めて贈るお中元。
個人でもビジネスシーンでも、円滑な関係を築くために欠かすことはできません。
しかし毎年のことだからこそ、相手が喜ぶものを選ぶのは非常に難しいですよね。

しかしながら・・・
今人気のお中元は?
コロナ禍のお中元事情は?
相手先の住所が分からない場合は?
など、喜んで欲しいからこそ悩みは付きません。
そんな悩みを解決すべく、昨今のお中元事情を詳しくご紹介します。

お中元は地域によって違う?

お中元は夏の贈り物というイメージがあるかもしれませんが、実は地域によって贈る時期が異なっています。東日本では7月上旬~15日、西日本では7月中旬~8月15日までに贈るのが一般的です。さらに細かい地域での違いもあるので、お中元を贈る先が遠方の場合はあらかじめその地域のマナーをチェックしておきましょう。

お中元の相場は?

お中元の金額は、贈る相手によって異なります。贈り先ごとの相場は以下の通りです。

贈り先 金額
両親や義両親、親戚 5,000円
友人、知人 3,000円
取引先 10,000円
仲人 5,000円

一般的な相場は上記の通りです。しかし、親戚でも遠縁であれば3,000円、お世話になっている上司であれば5,000円など、状況によっても異なります。お中元は毎年のことなので、お互いの負担にならない予算を組みましょう。

お中元のタブーは?

お中元で贈ってはいけないものは履物の類です。「踏みつける」という意味合いなので、失礼にあたります。また、目上の方には「勤勉奨励」という意味になる時計や筆記用具はふさわしくありません。お中元は夏の贈り物なので、季節感のあるものを選ぶのがベターでしょう。

喜ばれるお中元は?

日頃の感謝やご挨拶の意味があるお中元。せっかく贈るのだから喜んで欲しいですよね。ではどのようなものが人気なのか見ていきましょう。
もらって嬉しかったお中元ランキング2021年最新版がこちらです。

お中元にカタログギフトが最適な理由とは (ギフトコンシェルジュ参照)

肉類、酒類、お菓子類は例年人気の高いお中元で、もらって嬉しいものの代表的な存在です。しかし人にはそれぞれ好みがあるので、必ずしも喜んでもらえるわけではないのが悩みどころ。そんな悩みを解決し、なおかつ近年人気を高め一気に需要が挙がっているお中元がカタログギフトです。

お中元にカタログギフトが人気の理由とは

お中元にカタログギフトが人気の理由とは

人気理由① 贈り先の相手が自由に商品を選択できる

カタログギフトが近年人気を集めている大きな理由のひとつが、もらった相手が好きなものを選べるという点です。近年ではお中元の種類も増え、ニーズの多様化が進んでいます。そのため、相手が本当に喜ぶものを相手が自分で選択できるカタログギフトの需要が高まっているのです。

人気理由② 商品掲載数が多い

大手カタログ会社であれば商品掲載数が多いだけではなく、質の高いラインナップを掲載しているため、お礼やご挨拶として贈るお中元にもピッタリ。相手に失礼なく贈ることができます。有名人気ブランドとコラボしたカタログギフトもどんどん登場しており、相手の好みに合わせたカタログギフトを贈ることができます。

人気理由③ 幅広い予算設定で予算に合わせたお中元が見つかる

カタログギフトは予算別にラインナップが充実している点も贈る側としてはかなり魅力的なポイントです。贈り先や予算に合わせて価格帯を選ぶことができる点も人気な理由と言えるでしょう。

お中元に最適なカタログギフトとは

贈り先が自由に商品を選べる点や宅配を活用してスタイリッシュに送ることができることから、お中元にも最適なカタログギフト。世には様々なカタログギフトがありますが、メーカーごとに特色が異なっています。求めるビジョンに合わせたカタログギフトメーカーを選ぶと、センスの良いギフトを贈ることができます。

リンベル

リンベル

幅広い商品から選びたい方にはリンベルがおすすめ。カタログギフトのパイオニアとも呼べるメーカーだけあり、豊富な品揃えが特徴です。取り扱いブランドが業界最多なだけではなく、無料ラッピングやあとらくギフトなどの嬉しいサービスも充実しています。

高島屋

高島屋

大手百貨店のカタログギフトは、お店のバイヤーが商品を選定していることがポイント。人気百貨店高島屋では幅広いカテゴリのカタログギフトを提供しており、どのような目的、予算でもピッタリと合ったカタログが選べます。

三越

三越

三越のカタログギフトは、老舗百貨店という高級イメージがあり、年配の方にも喜ばれます。上質な暮らしを求める大人をターゲットにカタログギフトを展開しています。

コロナ禍で変化?昨今のお中元事情とカタログギフト

本来お中元は感謝とご挨拶という意味合いなので、先方に直接伺って手渡すのがマナーとされてきました。しかし近年は宅配便やインターネットの発達により、お中元を購入店から発送することが主流になりつつあります。さらにコロナ禍においては、遠方ならずとも直接手渡しできないことも増えており、宅配を活用したお中元のニーズが増加しています。

実際に、2020年のお歳暮はコロナ禍の影響により、通販を利用した方が急増。これはコロナ禍のステイホーム期間に食品のお取り寄せを利用した方が増え、食品を通販で購入することが身近になったこともひとつの要因であるようです。
2020年から続くコロナ禍と、それによるインターネットによるお歳暮利用者が増えたことを受け、大手百貨店などは2021年のお中元ギフトのインターネット売上目標を前年比110%と高く設定しています。
コロナ禍で満足に遠出ができない現状、インターネットを利用したギフトやカタログギフトで遠方の名産を届けるトレンドは今しばらく続くことでしょう。

あとらくギフトとは?

あとらくギフトとは?

あとらくギフトは、リンベルが提供するスマートなギフトサービスです。買いたいとき購入でき、相手が受け取りたいタイミング贈ることができます。

お礼や挨拶など、ギフトを贈りたいけれど相手の住所が分からない、という経験はありませんか?リンベルのあとらくギフトは住所入力をせずに購入ができます。自宅に帰れば相手の住所が分かる、住所の分かる人に聞くという場合は、分かり次第相手の住所を入力することで注文が完了します。

どうしても相手方の住所が分からない場合は、商品購入後に発行されるURLを相手に送ることでギフトが贈れます。URLを受け取った方は住所を入力すれば、ギフトが配達されるというシステムです。相手が入力した住所については、送り主に見えないようになっています。

あとらくギフトはこんな方に便利!

あとらくギフトというサービスは、どのように活用できるのか詳しく知りたくありませんか?あとらくギフトはこんな方に便利なサービスです。

複数のギフト注文をしたい方

出勤中など出先でギフト配達の手続きをするシーンは、忙しい方であれば有り得ることでしょう。しかし複数の届け先がある場合、どうしても1件だけ住所が分からないということがあるかもしれません。あとらくギフトなら複数注文でも、件数を指定してあとらくギフトに切り替えることができます。すべての注文をやり直す必要がないため、手間を削減できるのです。

SNS上の友人にギフトを贈りたい方

出勤中など出先でギフト配達の手続きをするシーンは、忙しい方であれば有り得ることでしょう。しかし複数の届け先がある場合、どうしても1件だけ住所が分からないということがあるかもしれません。あとらくギフトなら複数注文でも、件数を指定してあとらくギフトに切り替えることができます。すべての注文をやり直す必要がないため、手間を削減できるのです。

ギフトを贈るのをうっかり忘れてしまった方

母の日や誕生日、お返しなど贈るはずのギフトをうっかり忘れてしまった、という事態は誰しもに起こり得ることです。当日に思い出して慌ててしまっても、あとらくギフトなら安心。お店が閉まっている時間でも注文ができ、当日にURLが発行されます。そのURLを添付してメッセージを送ることで、先に気持ちをしっかりと伝えることが可能です。商品は相手の都合が良い時に受け取っていただけます。

会えないからこそカタログギフトのお中元で気持ちを伝えてみませんか?

近年人気を高めているカタログギフトのお中元。特にコロナ禍における新しい生活様式の中では遠方の方にも簡単に思いを届けることができるため、カタログギフトは非常に適しています。

相手の住所が分からない、用意するのを忘れた、という時もリンベルのあとらくギフトを使えば安心。高品質かつ充実のラインナップが嬉しいリンベルのカタログで、今年は遠方のあの人にもお中元という名の気持ちを届けてみませんか?

人気のカタログギフトはこちらの6社