結婚の内祝いと引き出物は何が違う?

「結婚」という華やかな儀式にまつわるギフトといえば、「引き出物」や「結婚内祝い」が一般的です。一般的には、どちらも「結婚をお祝いしてくれた人に対するお返し」という意味合いで使われていますが、実際にはさまざまな違いがあることをご存知ですか?

引き出物も結婚内祝いも、二人の門出をお祝いしてくれた方々に向けておくるギフトですから、失礼のないように行いたいもの。今回は結婚における引き出物と内祝いの違いについて解説します。両者の意味合いやマナーについて、正しい知識を身につけておきましょう。

引き出物と結婚内祝いの違いを知ろう

引き出物と結婚内祝いの違いを知ろう

まずは混同しがちな「引き出物」と「結婚内祝い」、それぞれの特徴と違いについて紹介していきます。

まずは「引き出物」についてですが、こちらは「結婚式に出席し、お祝いしてくれた方に対するお礼」として渡す品物のことを言います。現代においては、引き出物の手配を行うのは新郎新婦であるケースも多いもの。しかし本来は、結婚式とは両家の家族が執り行うもので、引き出物についても「結婚式を挙げる両家が用意するもの」という認識がありました。このため、現代においても、一品目の引き出物に「両家の姓」を入れた熨斗を使うスタイルが一般的です。

一方で「結婚内祝い」は、さまざまな事情により、結婚式には参列してもらえなかった方から結婚祝いをいただいた場合に贈る、お返しのことを指しています。近年は「お返し」として扱うスタイルが一般的ですが、もともとは「自分たちの身の回りのお祝い事のおすそ分けをする」という意味合いで行われていた贈り物です。こうした意味合いを考えると、結婚内祝いは「たとえ相手から結婚祝いをいただいていなくても、自身の結婚を報告する意味で贈る」ということも可能となります。

贈る品物の内容にも違いがある

引き出物と結婚内祝いには、その内容にも違いがあります。「お返し」という意味を込めているものの、披露宴に出席してくれた方への「お土産」という側面も強い引き出物は、基本的にゲスト全員に同じ物を渡すスタイルが一般的です。

一方で、内祝いの場合には、相手からいただいたお祝いの金額に合わせて、ギフトの内容を調整するケースも少なくありません。いただいた金額の、1/2程度になるよう予算の調整を行いましょう。

ただし親類などから多額のお祝いをいただいた場合には、この目安にこだわる必要はありません。高価なお返しをし過ぎると、かえって恐縮されてしまう可能性もあります。このような場合には臨機応変にギフト選びをすると共に、内祝いとは別の形で、「ありがとうございます」の気持ちを丁寧に伝えられるよう、工夫してみてください。

引き出物と結婚内祝い、人気の品とは?

引き出物と結婚内祝い、人気の品とは?

結婚することが決まったときには、実際に引き出物や結婚内祝いの品物を選んでいくことになります。何かと準備が大変な時期に、多数のギフトを手配することは、新郎新婦にとって大きな負担になりかねません。特に引き出物や結婚内祝いは、特別なギフトです。戸惑うことが多いのも、当然のことだと言えるでしょう。

「何を選べば良いのだろう」と悩んだときには、ぜひ人気の品物から選んでみてはいかがでしょうか。それぞれの人気の品を紹介します。

引き出物に人気の品

引き出物は、メインの品物に引き菓子、そして縁起の良い品物という2~3品で構成されるのが一般的です。結婚式のご祝儀で偶数を選ぶと「きっちり分かれて縁起が悪い」と言われるケースがありますが、引き出物の数にも同様のことが言えます。自分たちは気にしなくても、ゲストの中には気にする方がいる可能性もありますから、できれば品数を「奇数」に揃えるよう意識してみてください。

引き出物として人気の品は以下のとおりです。

  • ・ブランド食器
  • ・高級カトラリーセット
  • ・キッチン用品
  • ・バス用品
  • ・インテリアアイテム
  • ・カタログギフト

高級な食器は、引き出物としても人気ですが、結婚式の後に持ち帰ってもらわなければならないという問題があります。食器やキッチン用品など、重さが気になるアイテムばかりを選んでしまうと、その「大変さ」のみが印象に残ってしまうケースも少なくありません。

ここで人気を集めているのが、カタログギフトです。掲載されている商品の質が高いものは、特に人気です。カタログギフトであれば、持ち帰る際も余計な手間がかかることはありません。また多くのゲストに対応しやすいという特徴もあります。

内祝いに人気の品

一方で、内祝いにはどのような品物が人気を集めているのでしょうか。迷ったときには、以下の例を参考にしてみてください。

  • ・タオルなどの日用品
  • ・洗剤などの消耗品
  • ・お菓子
  • ・雑貨やインテリア小物
  • ・食器や調理器具
  • ・カタログギフト

オシャレな雑貨やインテリア小物、食器や調理器具などは、オシャレ度の高い内祝いです。とはいえ贈る相手によっては「自身の趣味ではない」と思われてしまう可能性もあり、あらゆる意味で難易度の高い品物だと言えるでしょう。相手の好みを熟知している場合に、オススメの内祝いです。

タオルや洗剤、お菓子などは、「使えばなくなる」類のもので、後に残るものと比較すると「選びやすい」という特徴があります。相手の家族構成なども踏まえてギフト選びをすると、より喜ばれることでしょう。

また結婚内祝いにおいても、カタログギフトは人気の品です。「趣味に合わないものや必要ないものを贈られるよりも、カタログギフトで欲しいものを選びたい」と語る方も少なくありません。贈る側にとっても贈られる側にとっても負担の少ないギフトの形となりますから、ぜひチェックしてみてください。

引き出物と結婚内祝い、のしの違いを紹介

引き出物と結婚内祝い、のしの違いを紹介

引き出物と結婚内祝いは、「のし」にも違いがありますから注意しましょう。ギフトを手配する際には、ぜひチェックしてみてください。

引き出物ののしについて

まずは引き出物ののしについてです。結婚式で使われる水引は、端が上を向いた「結び切り」です。こちらには「一度結んだらほどけない」という意味が込められており、「一生に一度のこと」とされる結婚においても、縁起が良いとされています。

水引の紐の本数は10本1組で、色は紅白か金銀を選択しましょう。

のしといえば、「何をどう書けばよいのかわからない」と迷いがちですが、引き出物の場合、上段は「寿」と入れるのが一般的です。そして下段に、両家の苗字を描き入れます。

引き出物は複数用意するケースも多いですが、この場合、メインの品物以外には、新郎新婦の名前を入れたのしを使う方法もオススメです。両家の親類や知人に向けて、新郎新婦の名前を披露することができます。

結婚内祝いののしについて

結婚内祝いで使われるのしにも、引き出物と同様に「結び切り」の水引が使われています。金銀や紅白10本で、おめでたい雰囲気を表しています。

のしの上段には「結婚内祝い」もしくは「内祝い」と記してください。そして下段には、「新しい姓の下に夫婦の連名」もしくは「両家の苗字」を記載するケースが一般的です。

微妙なところで引き出物とは違いがありますから、間違えないよう注意しましょう。

引き出物にも内祝いにもカタログギフトが人気

引き出物や結婚内祝いでは、「いったい何を選べば喜んでもらえるのか」と悩む方も多いことでしょう。新生活のスタートで、何かとバタバタしがちなタイミングですから、カタログギフトでスマートに手配するのもオススメの方法です。

近年では、カタログギフトの種類も多様化してきています。「高級感」にこだわった商品もあれば、「ギフトカード」のように利用して、本当に自分が欲しいものをもらえる商品もありますから、もらった側の満足度も非常に高くなってきています。

結婚式では、普段あまり交流がない方からも結婚祝いを頂く機会が多いものです。だからこそ、「お返しにどんなものを選べば良いのかわからない」なんて問題も起こりがちですよね。失礼のない振る舞いをするためにも、カタログギフトはオススメのギフトです。ぜひチェックしてみてください。